クレジットカードの審査に不利な人は?

クレジットカードの審査で見られるポイントは、信用情報機関にある申込者の信用情報です。その情報を信販会社などが審査して、申込者の支払い能力を認められて初めてクレジットカードが手元に届きます。
詳しい審査基準は明かされていませんが、大まかな審査内容はどこの会社、銀行ともに変わりません。ですから、審査に不利な人の特徴もだいたい定まってきます。審査に不利な人の特徴はいったい何なのでしょうか。
062692


クレジットカードの審査で見られる信用情報とは

信用情報機関に残っている信用情報とは、クレジットカード申込者の過去の金融機関との関わり、トラブルや支払いの遅延情報などです。
過去にクレジットカードの利用金額の支払い遅延や、金融トラブル、自己破産の履歴が情報機関に残っていれば、申し込んだ人の支払い能力つまり信用情報を疑われてしまいます。
089500
過去にクレジットカード会社などとトラブルを起こした経験がある人は、その情報によって審査に落ちてしまうことが多いです。トラブルの度合いによって記録が残る期間は変わります。
他にも、過去のクレジットカード利用履歴、クレジットカードヒストリーと呼ばれるその利用履歴が残っていない人も審査で不利になってしまいます。
また、一つのカードに申し込んでそのカードの審査に落ちてしまった人が、すぐに他のカードに申し込む、あるいは同時に多くのカードに申し込むことも、支払い能力を疑われる原因になってしまいます。こういう状態を俗にいう申し込みブラックといいます。


ACマスターカードは審査がやさしいカード

アコムが発行するACマスターカードなら、審査基準が信販会社や銀行などと異なるため作りやすいクレジットカードとして有名です。
一般カードでは、勤続年数、過去の金融トラブル、クレジットカードヒストリーなどを重点的に見られ、信用度をはかられるものですが、ACマスターカードは違います。
ACマスターカードを発行するアコムは消費者金融なので、消費者金融基準でカードを作ることができます。
その基準は、過去の経歴より現在の支払い能力。主に毎月定期的な収入があるかどうかを重点的に見られます。ですから、過去のクレジットカード会社などとのトラブルがある方や申し込みブラックの方でもカードを作ることができます。
審査に通らないと悩んでる方もまずは、このACマスターカードの利用を重ねてクレジットカードヒストリーや信用を積み重ねてから、他の旅行傷害保険やポイントプログラムが用意されたクレジットカードを作りましょう。


◇next:クレジットカードヒストリーの積み上げ方