家族に申し込みブラックがいると通らない?

クレジットカードの審査では申し込んだ人の信用情報、過去の金融トラブルなどをチェックします。
062692
他にも勤続年数、収入などを審査して、支払い能力が十分にあるのかを審査して、十分能力があると思われてはじめてクレジットカードを手にすることができます。他にも、希望する利用限度額、申し込んだ時期が繁盛期か、一般の会社やお店が長期休暇をとる時期かどうかも審査にかかわってくる問題です。
また、申し込みブラックと呼ばれる多重申し込みの場合もクレジットカードの審査では不利になります。
それだけでなく、自分に問題が無くても、家族、配偶者に申し込みブラックの状態の人がいると審査に影響がでるという話もあるのです。


家族が申し込みブラックの場合

審査では申込者の情報を信用情報機関に基づいて審査を行います。申込者の個人情報、年収や勤続年数、勤務体系などの属性を見極めるのですがこのとき、家族の信用情報もチェックされます。
この時の家族、というのは同居している家族のことで、申し込みブラックの家族と同居している申し込み者の場合、その審査に通らない家族の代わりに申し込み者が申し込んで得たクレジットカードを同居している家族が利用することを疑われるので、審査では不利になります。
097561


同居している配偶者がブラックの場合

同じように同居している配偶者がブラックの場合も審査で不利になってしまいます。
理由も同様のもので、審査に通らない夫(妻)の代わりに申し込んで、クレジットカードを利用しようとしていることを疑われるからです。
ですが、専業主婦の妻(夫)が申し込んでいる場合でなく、お互い独立した収入が見込める場合の申し込みでは審査で少し有利になります。ですが当然過去の支払い実績、遅延などの金融トラブルがあれば審査が通りにくくなるのは同じです。
096960


ACマスターカードなら審査に通りやすい

多重申し込みでブラックになってしまったとしても、ACマスターカードはそれらを重視せず、現在の支払い能力を重点的に審査するので審査に通る確率が高くなります。
仮に、過去に支払い遅延などのトラブルを経験していたとしても、現在職に就いており安定した収入が見込めれば作ることができます。
申し込み者、同居した家族がブラックだったとしても、他のカード違い審査に受かる確率は十分あります。クレジットカードヒストリーを積み重ねて信用情報を得るのにも最適なカードです。まずはこのカードで利用履歴を重ねることができるので別のカードに申し込んだとしても、その際の審査で有利になります。


◇next:「与信枠」って何?