クレジットカードの画期的な使い方とは

通らないかもと思っていた審査も終わり、無事にクレジットカードを手に入れても、ここからの使い方で全てが変わってきます。カードをうまく利用するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。カードを作った後に考える計画の方法について、ご紹介します。


クレジットカードの運用目的を固定!

とても基本的なことですが、これが一番大事です。このクレジットカードをどのように利用していくか、これは固定する必要があります。何故固定しなければならないかというと、何でもかんでもカードに頼って支払いをしてしまうと、本当に「あっ!」という間に限度額を超えるからです。
(こちらの記事も読まれています!「与信枠」って何?

ここからはとある実体験ですが、Aさんは会社で出張のある部署に移動した際、会社からクレジットカードを作るように言われた方がいました。Aさんはカードを作りましたが、使い方を覚えるために以前から欲しかったものを購入するために使ってみたのです。
今まで欲しかったものをサイン一つで手に入れた感覚を覚えてしまったAさんは、その後も会社の出張以外にカードを利用する機会が増えていき、リボ払いによって借金の返済期間と利息が比例して増えていきました。

全くめでたくないお話ですね。このように運用方法を間違えて泥沼に落ちてしまう方は少なくありません。しっかりそのカードの目的を固定して、そのこと以外には使わないように心がけましょう。


目的が複数なら、カードも複数にする

カードで支払いをした方がお得になることも、世の中には沢山あります。公共料金の支払いなど、毎月一定で出て行くお金に関しては、ポイントのことも考えるとカードでの支払いにした方が良いのです。しかしそこで一枚のカードで色々なものをまとめてしまうと、そのカード特有の個性がなくなる可能性があります。


クレジットカードの個性とは

クレジットカードには目的に合わせた独特の機能が備わっています。例えば、音楽が好きな方や映画が好きな方には、DVD/CDレンタルショップでのポイントが倍になるというカードがあります。通販が好きな方には、ネットショッピングでのお買い物の際にお買い物金額が割引になるカードもあります。海外旅行や出張で飛行機をよく利用する方には、飛行機nマイレージがお得に貯まるカードもあります。

このように、クレジットカードにはそのカード特有の機能が備わっており、カードを使い分けることによってよりポイントを取得することが出来るのです。年会費が無料で、発行手数料が無料のカードもあります。クレジットカードを目的別に駆使して、張りのある生活を目指しましょう。