クレジットカードの作り方とは

クレジットカードを作るには、一体どのようなものを準備するのでしょうか。調べてみると、必要な書類も各金融機関で独特なものを用意する訳でもなく、どの会社でもある程度の知識を持っていれば、簡単にカードを発行することが出来るようです。


クレジットカードの審査に必要な書類とは

カードを作ることが出来る方は、ご自身に安定した収入があるということが大前提としてあります。返すあてがない人間にお金を貸すお人好しなんて、この世の中草の根分けても見つけることは出来ないでしょう。そして年齢は18歳以上であること。しっかり自分の責任で行動出来る方を対象にしています。
(こちらの記事も読まれています!家族に申し込みブラックがいると通らない?

そこで必要な書類は、以下の通りです。

【必要書類】
・ご本人だと確認出来る公的書類(免許証・パスポートなど)
・収入があることを確認出来る書類(収入証明書)
・学生証(学生の方のみ)

各金融期間が用意する書類に目を通して契約する必要がありますが、自分で用意する書類は、上記の二点だけです。本人確認書類は顔写真入りのものが適切だそうですが、保険証でも審査をしてくれる会社もあるようです。学生の方は在学期間中の年会費が無料になるというキャンペーンもあるので、クレジットカードを作る際には必ず学生証を持参しましょう。


審査前には書類の再確認が大切

審査に通る・通らないより前に、まず自分が用意する書類の内容にミスがないか、きちんと確認する必要があります。内容に漏れがあっては、通るものも通らなくなってしまいます。必要事項と捺印箇所を確認して、金融期間に送付するようにしましょう。

最近はインターネットでの即日発行も当たり前になってきていますが、書面でないからと油断をして記入漏れをしてしまう方も増えています。無事にカードを発行するためにも、ご自身で用意するものは二度チェックしてみましょう。